選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法

新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法

新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法

みなさんは新しい革靴を買った時、何のお手入れもせずにそのまま履いて出かけてしまったりしていませんか?新品の革靴だからといってそのまま履いてしまうという行為は、実は革靴を痛めやすくしてしまいます。

せっかくお気に入りの革靴を買ったのであれば、履く前の新品の段階でお手入れをすることで、その革靴はずっと長持ちします。ここではそんな新品の革靴にしておきたい履き下ろしの前のお手入れ方法について紹介します。

スポンサーリンク

なぜ新品の革靴にお手入れが必要なの?

new-care112

「新品の革靴はしっかりお手入れしてから履こう」と言われても、買ったばかりで一度も履いていない革靴に、なぜお手入れをする必要があるのかについて疑問を持つのは当然でしょうから、まずはそこから解決していきましょう。

新品の革靴はお手入れが必要な理由ですが、それは「靴の痛みが早くなってしまうのを防ぐため」というのが答えとなります。ではなぜ新品の革靴をそのまま履いてしまうと痛みが早いのでしょうか。

それは、革靴が製造された段階で塗布されていたクリームやワックスが、私たちの手元に来るまでの間に劣化していたり、落ちてしまっているからなのです。

いくら新品とはいえ、工場から出荷され店頭にならび、購入されるまでは時間がかかります。この間に革靴の表面は外気にさらされ乾燥し、場合によっては擦れていることからクリームやワックスは劣化したり剥がれたりしています。

この状態は、もはや製造された直後の新品とは言い難い状況になっているということなのです。つまりこれを製造直後の状態にするというのが、新品の革靴に対して必要なお手入れということになるのです。

新品の革靴に対するお手入れ方法

新品の革靴に対するお手入れの方法

では実際に新品の革靴に対するお手入れの方法について解説していきます。まずは新品の革靴のお手入れに必要なものを揃えていただくために準備するものを、そこから実際の手順について紹介してきます。

革靴を手入れのために準備するもの

お手入れとなると、やったことがない方にとっては少し仰々しく聞こえてしまうかもしれませんが、ネットなどで簡単に手に入るもので十分なので、まずは必要なものを揃えてきましょう。

革靴を磨くための布

革靴を拭いたり、クリームを塗りこむための布が必要となります。素材としては柔らかな綿がおすすめです。わざわざ買う必要もなく、自宅などでいらなくなったTシャツなどでも十分に代用が可能です。工程ごとに違う面を使う必要がありますが、Tシャツなら一枚で足りるでしょう。

新聞紙

新品の革靴のお手入れは、途中までは自宅で行うことが可能です。最後の方はスプレーなどを使うのでベランダなどでの作業をおすすめしていますが、それまでは自宅で行うことを考え、床などを汚さないように新聞紙を引いてお手入れをすると良いでしょう。

シューズ用のクリーム

新品の革靴と言っても、通常の革靴のお手入れで使うシューズ用のクリームで問題ありません。一般的な乳化性クリームを用意しましょう。どれを買ったら良いか分からない方は下のリンクからどうぞ。

>>革靴のお手入れに使うクリームはコチラ

防水スプレー

最後に必要となるのが、革靴を雨などの水濡れから守るための防水スプレーです。ものによっては雨以外にホコリなども付きにくくなるものもあるので、革に使えるものの中から選ぶようにすると良いでしょう。

>>革靴に使える防水スプレーはコチラ

革靴の手入れ方法の手順

ここまで紹介した新品の革靴のお手入れに必要なものが揃ったら、実際にお手入れを始めていきましょう。そこまで難しい作業はないので、どなたでも簡単に出来るはずです。では順を追って説明していきます。

1,新聞紙の上に革靴をおいて紐をほどく

まずは用意した新聞紙の上に革靴をおいて作業の準備をします。一度も履いていない革靴なのでそこまで汚れることはありませんがクリームを塗布するなどの作業があるので念の為敷いておきましょう。

そして革靴の紐をほどきます。これは紐を通す部分にもクリームを塗るためで、塗りムラを作らないために必要となります。もちろん紐が通った状態でも作業ができなくはありませんがほどいておいた方が仕上がりはキレイです。

2,革靴の表面をカラ拭きする

革靴の表面にクリームを塗る際、通常はリムーバーなどを使って汚れを綺麗に落とす必要がありますが、今回は一度も履いていない新品の革靴なのでそこまで汚れはついていないはずです。そこで布を使って表面のホコリをとるためのカラ拭きだけ行います。

3,シューズ用クリームを塗る

準備した布を使って革靴にクリームを塗っていきます。塗りムラに注意しながら全体にまんべんなく塗っていきましょう。縫い目にクリームが入りこんでしまうことを気にする方もいらっしゃいますが、そこまで問題にしなくて大丈夫です。

どうしても気になるという方は、縫い目のない部分から広げるようにして縫い目のある方向に塗っていきましょう。これによって縫い目がある部分ではクリームを薄くのばしやすい状態になり、縫い目には気にならない程度のクリームしか入らないように塗ることができます。

4,乾いた布で再度全体を拭く

さきほどクリームを塗りこんだ布ではない布を使います。一枚しかない場合は、クリームを塗るのに使っていない部分を使用すれば問題ありません。これにより、クリームの塗りムラをより一層綺麗にしていくことができます。

5,防水スプレーを吹きかけ陰干しする

最後は防水スプレーを全体に吹きかけて終わりです。こちらもなるべく全体にいきわたるように吹きかけましょう。ちなみにこの作業はベランダや庭など室外で行うようにしましょう。

それが終わったら、室内でなるべく風通しの良い場所に放置しておきます。できれば一晩は置いておき、翌日から使うようにしましょう。

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法