選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法

【スペイン】革靴のおすすめブランドまとめ

【スペイン】革靴のおすすめブランドまとめ

ヨーロッパで革靴と言えば、イタリア・イギリス・フランスを思い浮かべると思います。しかし、あまり知られていない革靴大国があります。それがスペインです。スペインはイタリアに次いで欧州で2番目に革靴の生産が盛んで、アメリカやヨーロッパ各国へ輸出しています。比較的リーズナブルな革靴が多く、メジャーではないブランドも多いので、他人と差をつけたいこだわり派の人におすすめです。

スポンサーリンク

ヤンコ(YANKO)

現在の価格はコチラ

1890年にアルバラデホ家が靴の製造を始めたのがヤンコの始まりです。1961年にホセ・アルバラデホが高級革靴ブランドとしてヤンコを設立し、現在の形になりました。100万足以上の革靴を製造し、ヨーロッパでも最大手の革靴ブランドです。

ヤンコの革靴の特徴は「ヨークソール」です。複合ソールの代表格であり、前半部分がラバー、後半部分がレザーのソールです。ラバーソールの耐久性とレザーソールの通気性を併せ持つ機能性とスマートなデザインを両立させた優れた革靴です。

カルミナ(CARMINA)

現在の価格はコチラ

1998年にヤンコ設立の立役者ホセ・アルバラデホがヤンコの経営方針を巡って内部で揉め、新たに立ち上げたのがカルミナです。同氏の妻の名前をブランドネームとしたカルミナは、優れた品質によって数年も経たず人気となり、現在の地位を築きました。

ホセ・アルバラデホがヤンコを離れ、カルミナを立ち上げた理由が「もっと高品質の革靴を作りたかった」という理由であり、カルミナの革靴は優れた品質を誇ります。それに加え、比較的リーズナブルですのでコストパフォーマンスも優秀な革靴です。

スポンサーリンク

コードウェイナー(CORDWAINER)

現在の価格はコチラ

1930年代にエドワード・マシューズが靴店を立ち上げ、その息子ポールが店を継ぎ、2007年にオリジナルブランドとしてコードウェイナーが設立されました。コードウェイナーの立ち上げ前からOEM生産が有名であり、他ブランドからの信頼も厚かったコードウェイナーは、比較的歴史の浅いブランドにも係わらず革靴作りのノウハウと技術力が高いブランドです。

コードウェイナーの革靴は、耐久性が高くデザインに優れた革靴である点が特徴です。イギリスの革靴のように丈夫で、イタリアの革靴のようにデザインに優れ、比較的安価な革靴を提供している良ブランドです。

サンピエレ(ZAMPIERE)

現在の価格はコチラ

1960年代にスペインのサラゴサで設立されたサンピエレ。同族経営を続ける稀有なブランドです。伝統的なハンドメイドにこだわるブランドでしたが、近年生産スタイルを現代的な産業システムへと変更しましたが、デザインや品質といったこだわりは守り続けています

サンピエレの革靴は、革に強くこだわっており、グッチなどのハイブランドに革を提供しているインカス社の革を使用し、上質で一流の革靴を作っています。また、デザイナーが女性であり、女性目線からのカッコいい紳士靴という他社にはない個性的でスタイリッシュな革靴である点が魅力です。

マグナーニ(MAGNANNI)

現在の価格はコチラ

1954年にセバスチャン・アルドマールが前身となる革靴工房を立ち上げたことからマグナーニの歴史が始まりました。最高級の既製靴ブランドと称されており、そのデザイン性の高さと高品質でヨーロッパ各国だけではなくアメリカや日本でも人気の革靴ブランドです。

マグナーニの革靴は、ボロネーゼ製法という非常に珍しい製法によって製作されており、他の製法では得られない柔らかい履き心地とフィット感を感じられます。その分高い技術力と手間がかかりますが、そのこだわりが高い評価の秘訣ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ボウタイ(Bow-Tie)

現在の価格はコチラ

ボウタイは、伝統的なイギリスのハンドメイド革靴の歴史を受け継いだスペインの革靴ブランドです。伝統的なイギリスの革靴に現代的なヨーロッパテイストを加えたデザイン性の高い革靴です。グッドイヤーウェルテッド製法が用いられ、フィット感と耐久性に優れています。

ボウタイの革靴はクラシックなデザインのドレスシューズが有名であり、ヨーロッパ各国のみならず日本でも人気が出始めています。上質な革をクラシカルデザインに仕上げ、モダンなスタイルで味付けされた上品な革靴です。比較的安価ですので一度履いてみてはいかがでしょうか。

バラッツ(BARRATS)

現在の価格はコチラ

1890年にスペインのマヨルカ島で創業されたバラッツ。創業120年以上の歴史を誇り、スペイン王室御用達の高級革靴ブランドです。スペインの革靴ブランドの最高峰であると称されています。

バラッツの革靴は、伝統的な革靴の製造方法と、現代の産業的な製造方法のミックスによって作られています。しっかりとした技術が背景にありながらも、斬新な素材や個性的な色遣いなどデザイン性が抜群で、世界観を持った伝統的な革靴です。

バーウィック(Berwick)

現在の価格はコチラ

バーウィックは、1707年創業の300年以上の歴史を誇る老舗革靴ブランドです。グッドイヤーウェルト製法が採用されており、長い歴史に裏打ちされた技術力によって古くから人気を博し、ヨーロッパやアメリカでも人気の高い革靴ブランドです。

バーウィックの革靴は、高い品質はもちろん、伝統的でありながらもどこか新しさを感じさせる美しいデザインが特徴です。老舗ブランドでありながらも、スペインのブランドらしくコストパフォーマンスに優れている点も魅力です。

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法