選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法
スポンサーリンク

革靴のサイズ選びで注意するポイント

革靴のサイズ選びで注意するポイント

革靴を選ぶときに最も重要と言っても過言ではないサイズ選び。いつもの靴と同じサイズを買えば良いと思っていると大失敗しますよ。サイズが合わないと靴擦れや型崩れなど悪いことばかり起こります。足の特徴は人それぞれですし、革靴メーカーによって足型も多様です。意外と奥が深い革靴のサイズ選び。自分の足に合うサイズの革靴を選ぶ際に知っておきたいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

革靴のサイズの選びで重要な4ポイント

革靴のサイズの選びで重要な4ポイント

革靴のサイズが合わないと、靴擦れや外反母趾の原因となりますし、型崩れにもつながります。それに履き心地も悪くなるので、その革靴を履きたくなくなります。

でも、自分に合ったサイズの革靴を選びたいと思っても、足の指が長いとか足の甲の高さが高いとか、人によって足の特徴は様々です。さらに、革靴メーカーによって使われる足型も様々ですので、同じサイズの革靴でもメーカーによってサイズ感が大きく異なります。

そんな革靴を選ぶときに注意したい4つのポイントはコチラ。

  1. 革靴は少しきつめを選ぶ
  2. ヒールカップのフィット感
  3. 横幅のフィット感
  4. 足の甲のフィット感

そんな、革靴を選ぶ際に知っておきたい必須の4つのポイントを詳しく紹介しますので、革靴のサイズ選びの参考にしてみてください。

革靴は少しきつめを選ぶ

まず一番最初にサイズ選びで見るポイントですが、もちろんサイズ表記です。このポイントの基本ですが、革靴の場合はスニーカーのサイズよりも1センチ程度小さいサイズが目安となります。

これには理由があります。革靴もスニーカーと同様に、足の長さで表記されていますが、革靴には「捨て寸」があります。しかし、スニーカーに捨て寸はありません。捨て寸とは、つま先部分の余裕のことです。この代を考慮しなければ、革靴の場合つま先のフィット感が無くなってしまいます。

革靴を履いて歩行すると、足が靴の中で前後に動きます。この時捨て寸という余裕がなければ、爪や指、関節を痛める可能性が高いです。この捨て寸の理想が1センチから2センチ程度ですので、スニーカーよりも1センチ小さいサイズが基本となります。

革靴は伸びるので少し小さめが良いと言われていますが、これは横方向には伸びるということであり、縦方向には基本的に伸びません。ですので、サイズを選ぶときは捨て寸が1センチ程度となるように少しきつめのサイズを選ぶことがポイントです。

ヒールカップのフィット感

ヒールカップのフィット感

次に重要なポイントが、かかと部分とヒールカップのフィット感です。ヒールカップの形状が自分のかかとに合わないと、簡単に靴擦れになってしまいます。ここのフィット感が緩いと歩くとかかとが浮いてダサくなりますし、きつ過ぎると痛みや靴擦れになります。

チェックするポイントは、歩いた時にかかとが浮かないか、抜けないかを確認します。ただ、しばらく履き続けると返りが良くなって多少は改善しますので、それも考慮しておいてください。ヒールカップのフィット感は、革靴のサイズ選びで重要なポイントです。

横幅のフィット感

親指から小指までの指の付け根の、靴の横幅が最も広い部分をポールジョイントといいます。この位置が足と革靴でフィットしているかを確認します。サイズ表記よりもポールジョイントを重視する専門家も居るほど重要なポイントです。

ポールジョイントが合っていないと、靴擦れの原因になりますし、歩行中に小指が薬指の下に潜り込むなど、不快な現象が多々起こります。

ポールジョイントの確認方法は簡単です、小指が革靴に「点」ではなく「面」で接しているかを確認してください。面で当たっていればフィットしていると考えられます。

革靴は履き込むほどに横には広がっていきますので、少しくらいならきつく感じても問題ありません。

足の甲のフィット感

革靴において甲周りのサイズも非常に重要です。足の甲を革靴が程よくフィットするくらいがちょうど良いサイズです。

甲周りがキツイと大変歩きずらく、痛みを感じることもあります。また、ブカブカですと、歩き辛さに加えて甲部分に余計なシワが出来てみっともなくなります。

甲周りのサイズは、サイズの表記でワイズと言われる個所であり、「E」や「EE」などと表記されていることもあります。しかし、これも革靴メーカーによってばらつきがあるので、試し履きして確認することをおすすめします。

革靴のサイズ表

日本メーカーであれば0.5センチ刻みのセンチ表記が当たり前ですが、海外では国によってサイズ表記の方法が異なります

高級革靴などは海外ブランドが多いので、サイズが分かりにくいと感じる方も多いと思います。そこでサイズを簡単に探せるように、各国ごとの表記が何センチなのか分かりやすい様ににしましたので参考にしてみて下さい。

日本サイズ(㎝) 23.5 24.0 24.5 25.0 25.5 26.0 26.5 27.0 27.5 28.0 28.5
アメリカサイズ 5.5 6.0 6.5 7.0 7.5 8.0 8.5 9.0 9.5 10.0 10.5
イギリスサイズ 5.0 5.5 6.0 6.5 7.0 7.5 8.0 8.5 9.0 9.5 10.0
フレンチサイズ 38.5 39.0 39.5 40.0 40.5 41.0 41.5 42.0 42.5 43.0 43.5

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法