選び方から手入れ方法まで
ピントルの革靴専門ページ

>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法
スポンサーリンク

【イギリス】革靴のおすすめブランドまとめ

【イギリス】革靴のおすすめブランドまとめ

革靴といえばイギリスと言われる程、イギリスの革靴は他国を圧倒しています。革靴の歴史と寄り添い、伝統を守りながらも磨き続けてきた技術とクラフトマンシップによって作られるイギリスの優れた革靴。今なお世界のトップを走るイギリスの革靴の中でも、特に人気の高いブランドをご紹介します。

スポンサーリンク

 トリッカーズ(Tricker's)

現在の価格はコチラ

1829年にイギリスの革靴づくりの聖地ノーザンプトンでジョセフ・トリッカーが創業したトリッカーズ。革靴ブランドの老舗中の老舗であり、英国王室御用達の革靴ブランドとしてあまりに有名です。

トリッカーズの革靴は、上品なビジュアルもさることながら、圧倒的な耐久性が特徴です。雨の多いイギリスの老舗ブランドらしく、防水性にも優れており、非常に上品でタフな革靴であるという点が魅力です。

チャーチ(Church's)

現在の価格はコチラ

1873年に革靴づくりの聖地ノーザンプトンでトーマス・チャーチによって創業したチャーチ。瞬く間にイギリスのトップブランドに成長し、ヨーロッパやアメリカにも進出を果たした老舗ブランドです。エリザベス2世より女王賞の受賞歴もあり、世界的にも有名な革靴ブランドです。1999年からプラダグループの一員となっています。

チャーチの革靴は今なおノーザンプトンでハンドメイドで作られており、一足の革靴の完成に2か月程度の時間を要しています。それは、手間のかかるグッドイヤーウェルト製法で職人が丁寧な仕事をするためであり、世界中で愛される理由はこのこだわりにあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サンダース(SANDERS)

現在の価格はコチラ

1873年に革靴作りの聖地ノーザンプトンでサンダース兄弟によって創業したサンダース。世界各国の警察や軍隊、イギリス国防省に革靴を提供しており、その実績を評価され、イギリス王室のロイヤルクラウンを刻印することを許された稀有な革靴ブランドです。

伝統的なグッドイヤーウェルト製法と天然素材、英国製にこだわり、妥協を許さない革靴づくりで世界中で人気の高い革靴ブランドです。革靴作りの実力はもちろん、コストパフォーマンスに優れた革靴も多く提供しており、日本でも人気が高いです。

クロケット&ジョーンズ(Crocett&Jones)

現在の価格はコチラ

1879年に革靴作りの聖地ノーザンプトンでジェームズ・クロケットとその義兄弟によって設立されたクロケットアンドジョーンズ。ドレッシーな革靴からカジュアルモデルまで豊富な種類の革靴を提供しています。アパレルブランドや高級革靴ブランドのOEMを手掛けてきたブランドであり、豊富な革靴作りのノウハウを持っています。

その技術によって生み出されるクロケットアンドジョーンズの革靴は、上品な美しさだけではなく、革本来の機能を備えた革靴の理想の1つであると称されています。

バーカー(BARKER)

現在の価格はコチラ

1880年にアーサー・バーカーによって設立されたバーカー。堅牢性の高いビスポークシューズが評判となり、第一次大戦中の英国軍のブーツ製造を任されたこともあるブランドです。

一部の工程は機械化はあるものの、多くの工程がハンドメイドで作成されているこだわりのブランドです。ラウンドトゥのドレスシューズに自信を持っており、人気が高い。ツイード生地のカントリーブーツなど多様な素材を用いた斬新な革靴を作ることでも有名です。

スポンサーリンク

ローク(Loake)

現在の価格はコチラ

1880年に革靴作りの聖地ノーザンプトンでローク兄弟によって設立されたローク。創業から130年以上経った今なお創業と同じ町で、ローグ家によって経営されています。ロイヤルワラント(英国王室御用達)にも選ばれているイギリスを代表する革靴ブランドです。

ロークは、英国の伝統的なスタイルの革靴である点が特徴であり、ロイヤルワラントにも選ばれる品質の高さを誇ります。甲に飾りのついたタッセルローファーをイギリスのミュージシャン立ちが愛用したことから、代表作として認知されています。

>>タッセッローファーの革靴について詳しくはコチラ

チーニー(Cheaney)

現在の価格はコチラ

1886年に革靴作りの聖地ノーザンプトンの郊外デスパラーでジョセフ・チーニーが設立したチーニー。伝統的なグッドイヤーウェルト製法が用いられており、伝統的な英国革靴はもちろん、現代的なデザインの革靴も多く手掛けるなどスタイルの多様さが魅力です。

グッドイヤーウェルトシリーズは今なおデスパラーの工場で製作されており、伝統とモダンをミックスしたthe 英国革靴と言えるブランドです。

エドワード・グリーン(EDWARD GREEN)

現在の価格はコチラ

1890年に革靴作りの聖地ノーザンプトンでエドワード・グリーンによって設立されたエドワード・グリーン。1983年にジョン・フルスティックに買収されましたが、ハンドメイドにこだわり抜いた哲学は創業から現在まで変わりありません。

新品の状態から、何年も履き込んだかのような風合いを醸し出すアンティーク加工に定評があり、その履き心地の良さから伝説の靴と称されることもあります。

>>最新の革靴人気ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 革靴のおすすめブランドや手入れ方法の情報満載 <<
失敗しない!上手な革靴の選び方
革靴の
上手な選び方
知っておきたい!革靴の手入れの基本事項
革靴の
手入れの基本事項
新品の革靴を履く前にしたい手入れ方法
新品の革靴
履く前の手入れ
革靴の手入れに必要な道具まとめ
革靴の手入れに
必要な道具
雨に濡れてしまった革靴の対処方法
雨に濡れた
革靴の対処方法