流行りのものからおしゃれなものまで
ピントルのリュック専門ページ

おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック

ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ

ビジネス向けリュックおすすめブランドとめ

自転車通勤などでリュックを使用したいビジネスマンや、重い荷物を手提げバッグで運びたくない!というサラリーマンまで、スーツ姿にも似合うビジネススタイル向けのリュックブランドから、特におしゃれで人気の高いおすすめブランドをピックアップ!

デザインだけでなく機能性も優れているブランドをまとめてあるので、ビジネスシーンで大活躍間違い無し!

リュックの選び方について詳しく知りたい方はコチラ
↓↓↓
自分に合うリュックを探そう!リュックの上手な選び方

スポンサーリンク

インケース(incase)のリュック

現在の価格はコチラ

スマートフォン、タブレット、ノートPCなどビジネスシーンに必須のガジェットたちをシンプルに収納できる多機能リュックで、通勤に必要なパスケースやカギといったものは取り出しやすい外面のポケットに収納できる逸品!スマホケースなどを作るブランドだからこそ、痒いところに手の届くリュックが素晴らしい。

ポーター(PORTER)のリュック

現在の価格はコチラ

学生から社会人まで幅広い層に人気のポーター、ビジネスシーンの定番と言えるナイロン系のリュックもオススメですが、持てる・掛けれる・背負えるの3ウェイバッグも注目!「サラリーマンでリュックは無いだろ・・・」と小言をいう上司対策ならリュックにも使えるレザーの3ウェイがおすすめです。

>>ポーターのおすすめリュックについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

トゥミ(TUMI)のリュック

現在の価格はコチラ

今やビジネスマンの憧れとも言える定番ブランドは、リュックもビジネスシーンに恥ずかしくないビシッとしたデザインのものが多く注目されています、堅牢性の高いバリスティックナイロンは見た目にも重厚ですし、ビジネスツールを細かく分けて整理しながら収納できるポケットの多いリュックも魅力的です。

エースジーン(ACEGENE)のリュック

現在の価格はコチラ

先進の機能性をビジネスバッグに与える注目のブランドから、スーツスタイルにもバッチリハマるスタイリッシュなビジネス向けリュックが登場しています、社会人として使っても恥ずかしくないシルエットに、書類やPCといった大量の荷物もしっかりと収納、背負えない時に使えるハンドルへのこだわりもこのブランドの特徴です。

マンハッタン・パッセージ(Manhattan Passage)のリュック

現在の価格はコチラ

百貨店などのビジネスバッグコーナーでもよく見かけるマンハッタンパッセージ、いかにもビジネス向け!というデザインはカッコイイとかおしゃれとは離れた場所に位置しますが、シンプルな構造と区分けされた収納ポケットにサラリーマンたちの愛用者が増加中!比較的お安く手に入るのもこのリュックの魅力です。

スポンサーリンク

パスファインダー(Pathfinder)のリュック

現在の価格はコチラ

世界中のパイロット達から愛用されているブランドで、スーツ姿でもスタイリッシュに使えるリュックとして注目されています!アメリカはカルフォルニア発のブランドであり、ANAでも正式採用されているあたりも評価のポイント!堅牢性や使い勝手も非常に良い出来栄えでビジネスリュックの代表格と言える逸品。

フェリージ(Felisi)のリュック

現在の価格はコチラ

ビジネスマンの多くが、いつかは持ちたいバッグのブランドとして挙げる事の多いフェリージ、若いビジネスマンが持つにはちょっと貫禄が足りないかもしれませんが、30代を超えていればスーツ姿にバッチリ似合うでしょう。使い勝手の面ではナイロン系バッグに劣りますが、レザーのリュックも雰囲気があって素敵です。

サムソナイト(Samsonite)のリュック

現在の価格はコチラ

ヨーロッパのビジネスシーンでは見ないことの方が少ない定番のブランド、サムソナイトは世界NO,1ブランドなんていわれており、ファッション感度の高いサラリーマンなら知っている人も多いのでは?トラベルバッグのメーカーならではの気の利いた作りは多忙なビジネスの場面でも使い勝手が良く信頼度も高めです。

スポンサーリンク

ダンヒル(Dunhill)のリュック

現在の価格はコチラ

喫煙具やスーツなどで有名なダンヒルのリュックは、いかにもなオーラを持っており大人な雰囲気が魅力的、機能性だけで言えば新鋭ブランドのリュックに劣りますが、多機能すぎないシンプルな作りは貫禄のあるスーツスタイルにカッチリハマります。ビジネスシーンのために作られたリュックといっても過言ではありません。

ブリーフィング(BRIEFING)のリュック

現在の価格はコチラ

ミルスペックに準拠したビジネスバッグのブランドであり、ブリーフィングのリュックはまさにビジネスという戦場に赴くサラリーマン達を助けるバックパックといっても過言ではありません。ビジネススタイルに合わせたリュックのなかではカジュアルよりなため、職場によっては合わないこともあるので注意が必要です。

ゼロ・ハリバートン(ZERO HALLIBURTON)のリュック

現在の価格はコチラ

アポロ11号の月面着陸で、月の石を入れて持ち帰った月面採取標本格納器を作ったメーカーです、それだけでブランドの信頼度はかなり高いですね。アルミニウムのアタッシュケースなどで有名なブランドですが、ビジネスシーンでも映えるリュックも多数生み出しており、一流ブランドらしい雰囲気が特徴です。

スポンサーリンク

ウルティマ・トーキョー(ultima TOKYO)のリュック

現在の価格はコチラ

エースジーンで有名なエースが手がけるブランドで、世界の流行やカルチャーを東京という感性でビジネスシーンに応用した普遍的でありながら感度の高いリュックが魅力。年齢層を問わず多くの業種に就くサラリーマンたち全てに似合うリュックであり、どこか個性的でどこか普遍的なシルエットが特徴です。

アークテリクス(ARC'TERYX)のリュック

現在の価格はコチラ

オンオフ問わず使えるビジネスバッグです。アウトドアブランドなので会社によっては使えないこともありますが、スーツ姿でも似合うリュックとして考えるならアークテリクスも選択範囲内です。派手な色のリュックはさすがに使えませんが、シンプルなものは自転車通勤のサラリーマンにとって最適といえるでしょう。

>>アークテリクスのおすすめリュックについて詳しくはコチラ

シール(SEAL)のリュック

現在の価格はコチラ

タイヤのチューブを使ってドッシリと重厚な雰囲気で作られるバッグです、差し色の強いリュックはビジネスシーンに合いませんが、黒系で作られたリュックであればスーツにも似合います、バッグ自体の個性も強いため話のネタにもなりますし、雨に濡れても中の荷物を濡らさない耐久性も魅力といえます。

スポンサーリンク

オスプレー(OSPREY)のリュック

現在の価格はコチラ

近年人気急上昇中のオスプレーは、近代的なガジェットを使いこなすビジネスマンたちから人気の高いリュックであり、リュックに入れたままタブレットを使えるポート機能や、シンプルでありながら小物を取り出しやすく分散していれられるポケットの充実具合が魅力的です。電車通勤者にも愛用者増加中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック