流行りのものからおしゃれなものまで
ピントルのリュック専門ページ

おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック

ノースフェイスのリュックに対するイメージと人気の種類

ノースフェイス(The North Face)のリュック

アウトドアウェアを中心として、トレイル・マウンテンといった本格アウトドアだけでなく、タウンユースとしても使えるアイテムを幅広く取りそろえたノースフェイス。

そんな世界を代表するアウトドアブランドとなったノースフェイスのリュックについて、そのイメージや種類、人気のリュックについて紹介していきます。

今人気のリュックブランドを知りたい方はコチラ!
↓↓↓
>>2018年おすすめ人気リュックブランド50選

スポンサーリンク

ノースフェイス(THE NORTH FACE)のリュックの特徴

ノースフェイスは、1968年にアメリカ、サンフランシスコにて、ダグ・トンプキンスという人物によって創設されたアウトドアブランドです。当初は小さなメーカーにすぎなかったノースフェイスが開発したスリーピングバッグは非常に高い評価を獲得し、その名を一気に有名にしていきます。

ノースフェイスのリュックと言えば誰しも一度は見たことがあるバックパックの形に、ブランドのロゴマークが大きく入ったものだと思います。他のデザインのモデルにもしっかり見える位置にブランドのロゴマークが入っている特徴があります。

また、機能性にも大変優れ、大容量のリュックを軸に様々なリュックを展開しています。元々はクライミング用に特化したブランドでしたが、最近ではファッションにクライミンググッズを取り入れる人が増え需要が高まってきています。

ノースフェイスのリュックの魅力

近年、収納力のあるリュックの需要が高くなりました。その理由として、全ての荷物を一つにまとめ、両手が空くニーズが高くなったからです。

ノースフェイスのリュックは、外部ポケットや内部の仕切りがメッシュになっていたりと、整理しやすく大量の荷物を収納できることから人気がでてきました。

普段から荷物が多くサブのバックを持たないといけない人や、荷物は全部リュックに収納したい人におすすめです。

また、シャープなデザイン性を支持する人も多いです。鮮やかな原色を多く使用しているので、普段のコーディネートのアクセントとして効果的に使えます。原色以外にもダークトーンベースのシックな色やアンティーク調の色など自分の好みの色を選べるのが魅力の一つと言えます。

リュックに限らず商品の品質の高さも魅力の一つです。ノースフェイスは厳しい品質管理基準の基づいて製品を製造しています。アウトドアの付き物でもある天候による不快感などを、メッシュ素材の背面パネルやショルダーストラップなどによって軽減することができます。

また、ナイロンやTPEファブリックラミネートのポリエステルといった耐久に優れた丈夫な素材でできているので、クライミングやアウトドア以外にも、通勤やお出かけにも適した点が魅力です。

ノースフェイスのリュックに対するイメージ

シャープなデザインがかっこいいと感じる人は多いようで、実際に使用している人の口コミの中にも「見た目がかっこいい」「おしゃれ」といったような見た目に関する意見が多く見受けられました。

使用者層も非常に幅広く、小さなお子さんから通勤時のリュックに使う人など老若男女から愛用されているイメージがあります。

リュックのラインナップも非常に幅広く種類があるため、様々な用途に対してリュックがある点も良く見かける点の要因の一つであると言えます。

個性的なブランドイメージは薄いので、人と違ったリュックを使いたいという人よりも、機能性を重視したリュックを求める人向きです。

機能的な面においては、幅広いラインナップによって多くの面がカバーされています。大容量な点や雨の日も安心して使える防水加工などから普段使いや通勤通学といった様々な用途に対応でき、ユーザーも多くなっていると言えるでしょう。

ノースフェイスのリュックの種類

上記の通り、世界的にも非常に有名なブランドであるノースフェイスからは非常に多くの種類のリュックが製造販売されています。

ここではそんなノースフェイスのリュックの種類、ラインナップと簡単な紹介をしていきます。

BCヒューズボックス

摩擦強度と耐水性能にすぐれ、ノースフェイスのロゴが印象的なリュックです。ボックス型の形状によって開口部が大きく開き、荷物を入れやすいだけでなく整理もしやすいのも特徴です。

容量が大きくたくさんの荷物を入れることができますが、荷物が少ない時には両サイドのストラップを調節してボリュームを小さくすることも可能となっています。

ホットショット

タブレット専用のスリーブを搭載した現代の社会で働く人にとって使いやすい機能性を兼ね備えたリュックと言えるでしょう。

ノートPCであれば15インチまで対応していて、パッド付きのポケットに収納することができます。新しいショルダーベルトによって荷物が重くなっても快適な背負い心地を維持します。

ビッグショット2

縦長のサイズにすることによって容量を大きくしています。一泊二日程度の荷物なら余裕で収納可能なサイズと言えるでしょう。

ノートパソコンに関しても17インチまで収納可能で、タブレット専用のスリーブも搭載しています。コンプレッションストラップによって厚みを変えることも可能です。

リーコン

トレッキングだけでなく、カジュアルに街でも使いこなせる活用用途の幅広いリュックです。タブレット専用スリーブを搭載しています。

メインコンパートメントだけでなく、フロントコンパートメントも搭載しています。また内蔵のポケットには、ノートパソコンは15インチまで収納可能です。

リーコンスカッシュ

タウンユースとしも非常に人気の高いリーコンシリーズを女性用サイズにコンパクト化したリュックがこのリーコンスカッシュです。

その丸みを帯びたシルエットは可愛らしさもありながら、しっかりとした容量も確保されており、女性の方にもしっかりtフィットするショルダーハーネスが特徴です。

ザ・ノースフェイス インパルス デイパック18

こちらのモデルは今非常に注目されているポケッタブルリュックです。

ポケッタブルとは折りたたみのリュックサックのことで、使わない時は小さく折り畳んで置くことができるため、スペースを取らずに収納できる点が人気を獲得している理由です。

旅行などに最適のリュックで、行きは折り畳んで帰りはお土産入れなどに使う人も多いです。

シングルショット

近年のトレッキングブームとともに人気となっているのが、軽量コンパクトが売りのリュックです。そんな中でもおすすめなのがこのシングルショット。

女性でも使いやすい20Lのリュックは非常に軽く、トレッキング初心者の方でも安心して使用できるだけでなく、タウンユースとしても活躍します。

ボストーク28

非常にシンプルなシルエットは派手さが無い分落ち着いた印象を与えることができるリュックと言えるのがこのボストーク28です。

通勤通学に使うには非常に便利で手軽に使えるサイズ感、そしてそのフォルムがおすすめと言えるでしょう。

テルスシリーズ

使用用途に合わせて選べるよう、様々な容量がラインナップされているタイプのリュックです。リュックとしての機能は非常にベーシックで使いやすく、飽きのこないデザインは人気のモデルとなっています。

ボレアリス

ノースフェイスの中でも、トレッキング、タウンユースどちらにもしっかり対応できるタイプのリュックとなっています。

タブレット専用スリーブ装着、ノートパソコンは15Lまでを収納することが可能です。サイド部分のボトルポケットやバンジーコードなどの機能も充実しています。

プロヒューズボックス

BCユーズボックスの性能をさらに高性能にしたモデルがこのプロヒューズボックスです。サイド部分にペットボトルを装着できるようになったり、上蓋にポケットを追加するなど、さらなる機能性の充実が図られています。

シャトルデイパック

シンプルな見た目にも関わらず、ノートパソコンやタブレット、電源コードなどビジネスシーンには欠かすことのできないアイテムをしっかり収納。

キャリーバッグのハンドルに乗せるスリットがあるなど、出張にも非常に強いノースフェイスのビジネス向けリュックと言えるでしょう。

BTWデイパック

BTWはBike to workからきている通り、バイクや自転車での通勤に最適なのがこのBTWデイパックです。

撥水ファスナーやパソコンの収納方法の工夫などにより、バイク・自転車通勤時の突然の雨における浸水リスクを極力軽減しています。

ヘックスパック

自転車での利用におすすめなのがこのヘックスパックです。自転車走行時でも非常に安定性の高いメッセンジャー型のリュックです。フラップアクセスによって荷物の取り出しもしやすく、通常のタウンユースでも使いやすいリュックとなっています。

スポンサーリンク

ノースフェイスで人気のおすすめリュック

ここからはノースフェイスで人気のリュックを男性向け、女性向け、キッズ向けに分けて紹介していきます。

ノースフェイスの中でも人気が高く機能性に優れ、大容量かつデザイン性も良いものを詳しく解説していきたいと思います。サイズ表記の記載もしているので、参考にしてみてください。

男性に人気のおすすめリュック:厳選3種

男性が一番気にするのはやはり容量とシンプルでシックなデザインかと思います。

ノースフェイスで人気のリュック上位にもそれらを満たすモデルが多いので機能性、デザイン性に優れたモデル3種類を紹介します。リュック選びの参考にしてみてください。

BCヒューズボックス
現在の価格はコチラ

ノースフェイスの中でも圧倒的人気を誇り街中で見かけたことある!なんて人も多いのではないしょうか。こちらのモデルの最大の特徴は改良に改良を重ね常に使う人のことを考えられている点です。

大容量でありながらボックス型で中身を取り出しやすく、整理しやすいのが特徴であると言えます。また撥水性にも優れているため突然の雨などの際にも、リュックの中身を濡らさずに済みます。

タテ46センチ ヨコ33センチ マチ15センチ

ノースフェイス ボストーク 28
現在の価格はコチラ

飽きのこないベーシックで落ち着いたカラーバリエーションが魅力!

スクエア状のフォルムで飽きのこないベーシックで落ち着いたカラーバリエーションが魅力です。オーガナイザーやポケットなど使い勝手の良さにもこだわりデザイン性に加え機能性にも優れたリュックです。

実際に使用している人の口コミからも「形の色の満足」「大容量なうえ丈夫なので普段使いにいい」といった容量に満足されている声が多かったです。黒などのベーシックな色味などであればスーツなどにも合い仕事用としても使えるので、新社会人の皆さんにはおすすめのリュックです。

タテ51センチ ヨコ33センチ マチ18センチ

シャトルデイパック
現在の価格はコチラ

ノースフェイスのリュックの中でも人気なモデルが「シャトルデイパック」でしょう。

なんといってもノースフェイスらしからぬスマートでシンプルなデザインが特徴です。特にビジネスで欠かすことのできないパソコンや書類などを綺麗に収納できる形となっており、電車などに乗っても邪魔になりにくい形状が人気となっています。

タテ46センチ ヨコ29センチ マチ14センチ

女性に人気のおすすめリュック:厳選3種

リュック選びで女性が気にするポイントといえばデザイン性と収納力かと思います。何かと荷物が多くなってしまいハンドバックでは重すぎてリュックに変える人も最近増えてきています。

ここから紹介する3種類のモデルはノースフェイスの中でも女性からの人気が高く、デザイン性と収納力に優れているモデルになります。

ノースフェイス ミニバークレー レディース キッズ
現在の価格はコチラ

かっこいいのではなくかわいいのが良い!って人におすすめしたいのこちら

ティアドロップ型のデザインは非常にシンプルですが、淡い色を使うことでフェミニンな雰囲気を演出してくれます。淡い色以外にもビビットカラーもありバリエーションも豊富なので自分好みの色を見つけることができます。お子様とお揃いにすることもできるのでお出かけにはいいです。

タテ41.5センチ ヨコ31センチ マチ15.5センチ

シャトルデイパック
現在の価格はコチラ

A4サイズのプリントも収納可能な大容量なリュックです。耐久性に優れたナイロン素材を使用しているので簡単に壊れる心配もなく安心して使えます。

実際し使用している人からも「機能性、デザイン文句なし」「大容量で使いやすい」といったような機能性が良く大容量な点を支持する人が多かったです。

色合いも落ち着いた色味が多いので、ビジネス使いにも最適のリュックと言えるでしょう。心地の良い立体的な成型ショルダーハーネスを使用しているので肩こりの心配もありません。

タテ45センチ ヨコ27センチ マチ12センチ

TALLAC
現在の価格はコチラ

ノースフェイスのリュックの特徴でもある背中の部分にブランドのロゴマークが目立つデザインとなっています。

15インチまでのパソコンは楽々入り、フリース素材を使用しているので、安心して収納できます。また、最近では女性から大きめのリュックが人気があり用途によっても使い分けできるので、一つは持っておきたいリュックです。

タテ48.5センチ ヨコ31.5センチ マチ20センチ

キッズ向け人気のおすすめリュック:厳選3種

一番悩んでしまう子供用のリュック選び。成長が早く少しの期間しか使えずに何回も買い直す経験は誰にでもあると思います。

少しでも長い期間使用できるものを選びたいと思う人は多いかと思いますが、ここから紹介するモデルはお子さんの成長に合わせ長さを調節できるようになったものや、収納力に優れ簡単に荷物をとりだせるよう工夫されたものなどを中心に紹介しています。

ノースフェイス キッズスモールデイ
現在の価格はコチラ

こちらのモデルは学校の教科書から水筒など学校用品全てを入るくらい大容量のキッズリュックです。

小さいポケットも付いているので、小物類の管理や整理も楽に行えるので人気があります。また通気性と弾力性に優れた素材を使っているので、お子様の背中や肩に負担がかかりにくいよう作られています。機能性だけではなくデザイン性も良いので、学校、休日使いにはとても良いリュックです。

タテ37センチ ヨコ29センチ マチ18センチ

ノースフェイス ミニバークレー
現在の価格はコチラ

学校用にはもちろんのこと遠足やお出かけなどにおすすめしたいリュックがこちら

マチも広く口も大きく開くので、お子様も使いやすいリュックです。内部にはメッシュ素材のポケットが付いているので、簡単に取り出せることが可能となっています。

タテ41.5センチ ヨコ31センチ マチ15.5センチ

ノースフェイス BCクラムシェル
現在の価格はコチラ

A4サイズのプリントや教科書を楽々収納でき、大きさを調節することができるので、少しでも長く使いたい人にはとても助かるリュックです。また、カラーバリエーションも豊富なうえにブランドのロゴがアクセントに切り替わっているので、デザインにも優れています。

実際に使用している人の口コミでも「色が鮮やかでき綺麗」「機能性にもデザインにも優れ買ってよかった」など機能性だけではなくデザイン性にも満足される人が多かったです。

タテ40センチ ヨコ26.5センチ マチ12センチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック