流行りのものからおしゃれなものまで
ピントルのリュック専門ページ

おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック

カメラ好き必見!人気のおすすめカメラリュック厳選17選

インスタグラムなどSNSが浸透し良い写真を自分で撮りたい!という人が増えたことによりカメラバッグの需要も高まっています。

最近ではおしゃれで可愛いモデルなども多く販売され選ぶバリエーションも増えてきました。

今回はプロも使用している本格カメラリュックからカメラ女子に人気のおしゃれなカメラリュックまで幅広く紹介!

必ずお気に入りのカメラリュックが見つけられるのでぜひ参考にしてみてください。

目次 [非表示]

スポンサーリンク

登山に最適!プロも愛用の多機能カメラリュック

ここから紹介しているカメラリュックはプロや上級者が愛用している本格モデルになります。

以下で紹介しているモデルは本格的にカメラを使いこなしている人やレンズ・・バッテリー・三脚などの機材をしっかり持ち歩きたい人に向いています。

そのモデルも撥水・防水加工は施されているため多少の雨水を凌ぐことはできますが、完全防水ではないので雨の多い場所に行く際はレインカバーを使用するようにしてください。

肩にかけたまま取り出しができるメッセンジャーバッグやショルダーバッグを選ぶ方もいますが、やはり肩への負担を考えるとリュックがおすすめということで、早速紹介していきます。

エフストップ(f-stop)TILOPA

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ59.7センチ ヨコ35.6センチ マチ14センチ
  • 対応カメラサイズ:大三元・ストロボ・ミラーレス一眼レフカメラ・複数のレンズ
  • 重量:1.9キログラム
  • 素材:リップストップナイロン
  • カラー展開:全3色
  • 特徴:ICU(インターナルカメラユニット)対応
インナーケースが自由に変えられる!最強ザック!
 

f-stop Gearさん(@fstopgear)がシェアした投稿 -

これから本格的にカメラを始める人やプロ・上級者など全ての人におすすめできるカメラバッグがこちら!

実際に登山用途で使用している人からも大絶賛されており、肩や背中に掛かる重量を分散してくれるので長時間カメラを入れたリュックを背負っても作られません。

人間工学に基づいて作られたショルダーストラップは衝撃を吸収してくれるので1日中快適な背負い心地を維持することができます。

カメラの収納スペースには背面からアクセスできるので撮りたい写真があった際もスムーズに取り出すことができるのでかなり便利!

さらに最大の魅力はインナーケース。

自分のライフスタイルに合わせてインナーケースを使い分けすることができます。

無駄な荷物を持ち歩くこともなくなり内部でパーツ同士が接触することもないのでカメラが傷つく心配もありません。

外部には登山用品を取り付けられるパーツがいくつも付いているので、このリュック一つで登山を楽しむことができます。

快適にカメラを持ち歩きたい人やカメラを傷つけずに登山をしたい人におすすめの本格カメラバッグパックです。

ロープロ(Lowepro)フリップサイド

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ46センチ ヨコ30.3センチ マチ25.3センチ
  • 対応カメラサイズ:70-200mm付きの一眼レフカメラ・交換レンズ2・10インチタブレット
  • 重量:1.6キログラム
  • 素材:ナイロン
  • カラー展開:全4色
  • 特徴:レインカバー 三脚取付可
プロ使用なのにコンパクトだから初心者も使いやすい!

初心者も使いやすいコンパクトなサイズ感は、背負った際に体を包み込むようなフィット感が魅力です。

またスムーズにカメラ機材を出し入れできることや内部のレイアウトをレンズや機材の大きさに合わせて自由にレイアウトできるモデルなので初心者の人で本格的なカメラリュックをお探しの人におすすめです。

さらに悪天候の多い山では急に雨が降り出すこともあります。

こちらのリュックは撥水加工が施されているので多少の雨水ならしっかり弾くことはできますが、完全防水ではないので大雨の中歩行する際は付属されているレインカバーを使用すると良いでしょう。

外部には三脚ポケットを完備しているのでベルトでしっかり固定し持ち運ぶことができるのでかなり便利です。

機能的な小型リュックなので扱いやすく誰にでも使いこなすことが出来るでしょう。

ロープロ(Lowepro)プロタクティック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ41センチ ヨコ29センチ マチ16センチ
  • 対応カメラサイズ:一眼レフカメラ・交換レンズ複数・機材
  • 重量:2.59キログラム
  • カラー展開:1色
  • 素材:1680D バリアスティックナイロン
  • 特徴:独立のPC専用スペース
小型モデルながら大容量で使いやすさに定評!
 

LoweproBagsさん(@loweprobags)がシェアした投稿 -

背面に設置されたカメラスペースはオープンスタイルを採用。

これによりセキュリティ面もアップされ盗難の心配もせずに済みます

背負っている時はすぐに取り出せるようサイドからアクセスすることも可能なのでスムーズにカメラの出し入れを行えます。

さらにPCを独立して収納可能なスペースも確保しているのでPCの持ち運びもできすぐにデータを移すことも可能です。

ウエストベルトは取り外しが可能なのでライフスタイルに合わせてデイパックとしても使用することができます。

長時間背負う時はウエストベルトを使用して肩や首に掛かる負担を軽減すると快適に背負い続けることができます。

体にフィットする特徴があるのでアクティブな動きにも柔軟に対応してくれるので、登山用途で活躍してくれること間違いなし!

スーリー(Thule)Covert DSLR Backpack

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ45センチ ヨコ20センチ マチ54センチ
  • 対応カメラサイズ:広角レンズを装着一眼レフカメラ本体
  • 重量:2260グラム
  • 素材:ナイロン
  • カラー展開:1色
  • 特徴:取り外し可能なカメラポッド付属
プロも絶賛!対応力抜群の多機能カメラリュック

各種使いやすいポケットやオーガナイザーを完備しておりカメラや機材を整理整頓しながら収納可能な優れもの。

従来のカメラリュックはカメラと小物しか収納できないモデルが多かったですが、こちらのリュックはPCから貴重品、地図や軽食などありとあらゆる荷物をしまうことが出来る収納力を有しています。

さらに取り外し可能なカメラポッドを使用すれば簡単に機材の設置もできるので初心者の人もとても扱いやすいリュックです。

素材には防水加工を施してあるので多少の雨水ならしっかり防ぐことができます。

機能的であるだけでなく、その見た目も高く評価されています。

プロ使用のカメラリュックとなるといかにもカメラを入れてるというようなルックスのモデルが多いですよね。

しかしこちらのリュックはメッセンジャー型のようにスタイリッシュで都会的なルックスをしています。

これならどんなファッションにも合わせられるのでカメラの持ち運びが楽しくなること間違いなし!

ノースフェイス(THE NORTH FACE)Tellus Photo 40

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ67センチ ヨコ28センチ マチ22センチ
  • 対応カメラサイズ:広角レンズを装着一眼レフカメラ本体
  • 重量2.2キログラム
  • 素材:高強度の330D Duramax®ナイロン
  • カラー展開:1色
  • 特徴:人間工学に基づいた設計
アウトドアブランドが作る使い勝手の良い大型リュック
 

adachi.kさん(@mopetton)がシェアした投稿 -

ノースフェイスが山岳カメラマンのために作ったカメラ専用のリュックです。

大型リュックはすぐに疲れそう。肩こりしそう。など大型リュックに対してあまりいいイメージを持たない人も多いのでは?

しかしこちらのリュックは使い勝手の良さと背負い心地が魅力。

山岳地帯での使用を想定して作られているので、外部に三脚を取り付けるパーツや雨などにも対応できるレインカバー付属など、機能的で非常に使いやすくなっています。

撥水加工もしっかり施されているので多少の雨天なら問題なく使うことができますが、大雨になった際はしっかりレインカバーを付けて守るようにしてください。

また長時間背負っても疲れないようヒップハーネスを採用。

これにより肩と背中に掛かる重荷を分散し長時間背負っても快適な背負い心地を確保

さらにアウトドアブランドが作るだけあって耐久性抜群!

引き裂きや衝撃に強いナイロン素材を高密度に織り交ぜて作られているので、簡単に壊れる心配はありません。

このリュックがあれば海外でも長時間背負えるので、新しい海外用のカメラリュックをお探しの人におすすめです。

>>ノースフェイスのおすすめリュックについて詳しくはコチラ

ハクバ(HAKUBA)アルパイン40 カメラリュック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ63センチ ヨコ31センチ マチ26.5センチ
  • 対応カメラサイズ:4-70mm f2.8ズームレンズを装着したプロ用一眼レフカメラ1機+交換レンズ
  • 重量:1.95キログラム
  • 素材:ナイロン
  • カラー展開:全2色
  • 特徴:日本人の体型に合わせた設計
日本人の体型に合わせて作られているから疲れにくい!

本格的な山岳地帯での使用を想定して作られており、旅行以外にも宿泊が伴う登山用途でも大活躍。

カメラを詰めたリュックは普段タウンユースで使用しているリュックよりも重量がかなり重たくなってしまいすぐに肩や首回りを痛めてしまうことも。

しかしこちらのリュックは日本人の体型を分析し開発されているので、日本人のような華奢な体型や小柄のな女性にもしっかりフィットしてくれます。

3層構造のショルダーストラップがムレや汗だけではなく衝撃や重荷を吸収し分散してくれるので長時間背負っていてもムレにくく疲れにくい特徴があります。

サイドからカメラ収納スペースに直接アクセスできるジッパーが付いているので素早く取り出すことができシャッターチャンスを逃しません。

大容量のカメラリュックや登山・旅行用途で活躍してくれるカメラリュックをお探しの人におすすめです。

旅行に最適!大容量のカメラリュック

恐らく多く人が旅行用途で使用するカメラリュック。

旅行用途では必ず機内に持ち込めるサイズ感である必要があります。

航空会社によって機内の持ち運びサイズが変わってくるので必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

ここから紹介しているモデルは手軽なサイズ感や扱いやすいモデルを中心に紹介しているので初心者の人は必見です!

Amazonベーシック カメラリュック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ39.6センチ ヨコ29.2センチ マチ18.2センチ
  • 対応カメラサイズ:小型一眼レフカメラ本体・レンズ3台・小型機材
  • 重量:889グラム
  • 素材:ポリエステル・ナイロン素材
  • カラー展開:1色
  • 特徴:外部に三脚取り付け可
コスパ最強!なのにプロまでも愛用する便利さが魅力
 

Masaru Shimoyakawaさん(@shimo_p_0204)がシェアした投稿 -

今回紹介しているカメラリュックの中で最もおすすめしたい商品がこちら。

本格的なカメラリュックとなるとそれなりにサイズが大きくなってしまい扱いや使いづらいと思う人も多かったでしょう。

またサイズが大きいのでタウンユースやちょっとしたハイキング・トレッキング用途には持っていけませんでした。

そんな悩みを全て解決してくれるのがこちらのリュック。

ミニマムなサイズ感ながらしっかりカメラの収納も行うことができ、カメラ以外にも機材や外部に三脚も取り付けられる容量。

これなら気軽に持ち運びできるのでカメラ女子も扱いやすい。

耐久性に優れた生地を使いしっかり作られているので簡単に壊れるこなく長い期間使うことができます。

それでいてかなり安い。このリュックはなんと4000円以下!

通常プロが愛用するカメラリュックは安くても2万円は超えてきます。

それでいてアマゾンレビューの評価がかなり高いので心配することもありません。

しかしカメラと少量の荷物しか収納できないので、カメラ以外にも荷物を詰めたい人や宿泊を伴う用途には向いていないので注意してください。

マンフロット(Manfrotto)NEXTコレクション

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ45センチ ヨコ28センチ マチ18センチ
  • 対応カメラサイズ:ミラーレスカメラ・レンズ2本(70-200m f4 含む)PREMIUM CSC・Pro DSLRカメラなど
  • 重量790グラム
  • 素材:
  • カラー展開:全2色
  • 特徴:高いデザイン性
カメラ屋さん推薦!今一番売れているカメラリュック
 

AdvancedPhotoさん(@advancedphotosystems)がシェアした投稿 -

大手家電屋のカメラリュック部門に置いて今最も売れているのがこちらのリュック。

まずはこのデザイン性の高さ。イタリアブランドということもありスタイリッシュで洗練されたデザインが特徴です。

滑らかで光沢感のある生地はもはやカメラリュックとは言えないルックス。

機能性も充実しており背面に独立のカメラスペースを設け、背面パネルもしっかり作られているので快適な背負い心地を提供してくれます。

サイドのメッシュポケットは水筒や三脚を自由に収納できるので好みに合わせてお使い頂けます。

入荷されると即完売になってしまうほどの人気商品なので早い者勝ちです!

ロープロ(Lowepro)フォトハッチバックBP 250 AW

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ50.5センチ ヨコ31センチ マチ記載なし
  • 対応カメラサイズ:8-105mmレンズを装着した一眼レフカメラ
  • 重量920グラム
  • 素材:600Dポリエステル,210Dナイロン
  • カラー展開:2色
  • 特徴:多機能な性能
機内にも持ち運べて三脚を固定できる多機能リュック

上記で紹介してきたリュックの中では圧倒的に小型ですが、他に負けない多機能な性能を誇ります。

サイドポケットは伸縮性が非常に良いので、折りたたみ傘や三脚などをしっかり収納できその空いたスペースに荷物を収納することができます。

カメラを収納しているとどうしても重たくなってしまい肩や首を痛めてしまうことがあります。

このリュックは背面に柔らかいパッドを入れているので、疲れにくく快適に背負い続けることができます。

これなら年配の人も安心して使えるので嬉しいですよね。

機内となると上着やスリッパなどを持ち運ぶ人も多いですが、上部のスペースには日常生活に必要な荷物をしっかり収納できるので安心できます。

ティンバック2(TINMBUK2)スルースカメラパック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ50.4センチ ヨコ32.6センチ マチ20.2センチ
  • 対応カメラサイズ一眼レフカメラ・レンズ複数
  • 重量:ー
  • 素材:オックスフォードナイロン
  • カラー展開:全4色
  • 特徴:カメラに必要な機材を全て持ち運べる
多くの世界一周経験者が愛用していた軽量カメラバックパック

なぜ世界一周を旅するトラベラーやバックパッカーから愛用されていたのか。

それは手軽なサイズ感なのにカメラ以外に必要な機材を収納できるからです。

2気室になっているので上部には必要な荷物、下部にはカメラやレンズとしっかり分けて収納。

外部にはフロントに取り付けられた伸縮性のあるゴムを利用すれば外部に三脚を取り付けることはできます。

現地では長時間リュックを背負って行動するため大きいリュックだと動きづらくなってしまったりすぐに疲れてしまいます。

しかしこちらのリュックは手軽なサイズ感、それでいて軽量なので身軽に行動できることや長時間背負っていても疲れにくいです。

海外旅行用途だけではなくハイキングや日帰りの登山用途にも万能に対応してくれるので全ての人におすすめできる最強リュックサックです。

ナショナルジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC)NG RF 5350

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ48センチ ヨコ33センチ マチ18センチ
  • 対応カメラサイズ:標準ズーム付きDSLR・レンズ2本
  • 重量:1.5キログラム
  • 素材:ナイロン
  • カラー展開:1色
  • 特徴:外部に三脚取り付け可
世界のナショジオが送る旅行に最適なリュックサック
 

Fujifilm Instax Senayanさん(@taskamera.id)がシェアした投稿 -

手軽に背負えるので長時間歩行する海外旅行用途で大活躍!

収納するカメラ機材に合わせてスぺースを自由自在にアレンジできるので大きいレンズや機材にも柔軟に対応してくれます。

フラップ式の開閉口は荷物の出し入れがしやすく内部にはPC収納スペースも完備しており、撮影機材と身の回りの品を効率よく運べます。

また、このデザインならリュックを背負ったままでも写真撮影に参加でき、デイリーユースとしても大活躍してくれるでしょう。

さらに撥水素材を使用しているので多少の雨水を防ぐことができます。

雨対策をさらに強化したい場合は防水スプレーではなくレインカバーがおすすめです。

特殊なナイロンを使用しているので防水スプレーとの相性が悪いこともあるため雨対策はレインカバーにしましょう。

ピークデザイン(Peak Design)エブリデイバックパック20L

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ46センチ ヨコ30センチ マチ17センチ
  • 対応カメラサイズ::70-200mm付きの一眼レフカメラ・交換レンズ2本・15インチPCやタブレット
  • 重量:1.3キログラム
  • 素材:ー
  • カラー展開:全4色
  • 特徴:カメラの仕切りが自由自在
カメラをしっかり固定できる変幻自在の仕切りが魅力!
 

Fujifilm Instax Senayanさん(@taskamera.id)がシェアした投稿 -

カメラに詳しい人なら知っている人も多いでしょう。こちらのリュック最大の特徴は仕切りの柔軟性です。

良くあるカメラのリュックの仕切りは縦や横に折り曲げることができますが、斜めはできません。

こちらのリュックは縦・横はもちろん、斜め縮小までもできる変幻自在の仕切りが魅力。

これによりカメラをしっかり固定することができ、サイズも幅広いものに対応してくれます。

容量も拡張式となっているので使用する機材や荷物に合わせてリュックのサイズを変えられるのは好ポイントです。

それでいて価格も比較的リーズナブルなので初心者の人や海外用途での使用目的を考えている人におすすめです。

スポンサーリンク

普段使いに最適!おしゃれなカメラリュック

「カメラリュックってださい」そんなイメージがあるかもしれませんが、ここから紹介しているモデルは普段使いもしたくなるようなおしゃれで可愛いカメラリュックを中心に紹介します。

普段のコーディネートにも合わせやすくおしゃれのやりがいもあるのでカメラ女子、ファッション感度の高い人は必見です!

普段使い向けのカメラリュックは撥水加工を施されているものの上記で紹介したモデルに比べ高い撥水性を兼ね備えておりません。

普段使いなどなら傘で守ることができますが登山用途などでは必ずレインコートやレインカバーを持ち歩き雨でも対応できるようにしてください。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)カメラデイパック01

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ42センチ ヨコ32センチ マチ19センチ
  • 対応カメラサイズ:レンズ付き一眼レフカメラ・交換レンズ2本・13インチPC可
  • 重量650グラム
  • 素材:ナイロン
  • カラー展開:全3色
  • 特徴:カメラリュックには見えない高いデザイン性
カメラバックに見えないデザインがカメラ女子からも高評価!

シンプルでおしゃれなデザインは普段の洋服にも合わせやすくカメラを収納しているようには思われないのでおしゃれな女子も安心して使えます。

ミニマムなサイズ感ながら普段の荷物とカメラを収納するスペースが分かれた2気室構造。

カメラの収納スペースはサイドに搭載しており背負ったままでもカメラの出し入れを行えるのでとても便利です。

普段の荷物を収納できるスペースにはPCスリーブも設けており普段使いにも適しています。

コストパフォーマンスにも優れているのでコスパが良いおしゃれなカメラリュックをお探しの人におすすめです。

しかし防水性も撥水加工も施されていないので雨の日に弱いデメリットがあります。

もし悪天候の中でも使用したいのであれば、防水スプレーやレインカバーを別で購入した雨対策すると良いでしょう。

>>アウトドアプロダクツのおすすめリュックについて詳しくはコチラ

マンフロット(Manfrotto)MB MS-BP-IGR

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ42センチ ヨコ32センチ マチ19センチ
  • 対応カメラサイズ:キットレンズを装着したDSLR・ミラーレスカメラ・交換レンズ2本
  • 重量1.1キログラム
  • 素材:ナイロン・合成繊維
  • カラー展開:1色
  • 特徴:2気室構造
2気室構造だからしっかりカメラを固定できる!

上下2気室構造を採用しておりカメラの収納はマチ底、普段の荷物は上段に分けて収納できる万能カメラリュック。

下段に収納していると衝撃でカメラが破損するのでは?と心配する人も多いでしょう。

このリュックは衝撃を吸収してくれる柔らかい素材を使用しているのでアクティブな動きにも柔軟に対応してくれるので破損の心配もありません。

撥水加工も施されているので多少の雨水を弾くことができます。

しかし完全防水というわけではないので心配な人はレインカバーを購入してください。

ボックス型のシルエットは日本人の体型にも良く合うので、リュックだけ不自然になることもないでしょう。

最大の魅力はスタイリッシュなデザイン。

カーキとグレーを使用したカラーリングはどんなコーディネートにも合わせられるのでファッション感度の高い人にも最適です。

一見カメラリュックに見えないおしゃれなデザインなので、たとえカメラを収納していなくても使用できます。

ファッション感度の高い人や普段使いもできるカメラリュックをお探しの人におすすめです。

エレコム(ELECOM)off toco 2style

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ41センチ ヨコ30センチ マチ15センチ
  • 対応カメラサイズ:ミラーレス一眼レフカメラ・交換レンズ2本
  • 重量912グラム
  • 素材:ポリエステル
  • カラー展開:全3色
  • 特徴:インナーケースを取り外して1気室も可
カメラを使わない時はおしゃれなリュックとしても使える

従来の2気室カメラリュックは普段使いも可能ですが、収納スペースが分かれており荷物の収納には適していません。

こちらのリュックを使用すればその問題を一気に解決することができます。

カメラを持ち出す時は2気質構造として使用し、カメラを持ち歩かない時は内部の中央ファスナーを外すことで一気に通常のリュックとして使用できます。

仕切りがない分、そのスペースに荷物を詰められるので1日に必要な荷物を収納して持ち運ぶことも可能です。

さらにキャリアーケースに固定できるキャリーベルトを搭載しているので、旅行用途でリュックを背負わずに持ち運べます。

またデザイン重視のリュックに負けないおしゃれさも魅力!

スタイリッシュでスマートなデザインは普段使いとしても最適なのでファッション感度の高い人やカメラ女子にもおすすめです。

注意したいのは雨の中での歩行です。こちらは撥水加工されていると言っても防水ではありません。

多少の雨を弾くことはできても時間が経つと内部に浸みてくることがあります。登山などの悪天候の多い用途では必ずレインカバーやレインコートを持ち歩くようにしましょう!

ブルックリンファクトリー(BROOKLYN FACTORY)カメラバッグパック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ50センチ ヨコ34.5センチ マチ16センチ
  • 対応カメラサイズ:一眼レフカメラを2本収納
  • 重量:1.1キログラム
  • 素材:コットン・ポリエステル
  • カラー展開:全2色
  • 特徴:1日に必要な荷物も同時収納できる
おしゃれなデザイン性はカメラ女子に人気!

カメラを収納すると他の荷物が入らない。デザインは可愛いのが良い。という人は間違いなくこちらのリュックをおすすめします。

サイズ感は大きいですがデイパック型なので普段使いも問題なくお使い頂けます。

カメラリュックに見えないルックスとコットン地を使用した優しい雰囲気はカメラ女子やファッション感度の高い人から高い人気を獲得しています。

肝心なカメラの収納は一眼レフカメラを2本収納でき、背面には小型PCも収納できるので普段使いとしても便利!

カメラ意外にも嵩張る上着や羽織物、貴重品やスマホなど日常生活に必要なアイテムも全て収納できる大容量なので、荷物の多い女子には嬉しいポイントです。

Koolertron 一眼レフカメラバック

現在の価格はコチラ

詳細情報

  • サイズ:タテ42センチ ヨコ28センチ マチ20センチ
  • 対応カメラサイズ:カメラ本体・レンズ2本・カメラストラップ
  • 重量:1.08キログラム
  • 素材:キャンバス地
  • カラー展開:全2色
  • 特徴:デイリーユースにも使用可能
機内に持ち込めるから旅行用途に最適!

先ほど旅行に適したカメラリュックを紹介しましたが、先ほどのリュックはデザイン性に欠けます。

このリュックならカラフルなカラーリングを使用しているのでとにかくおしゃれ!

普段使いもしたくなるような優しいデザインは旅行用途でも大活躍してくれること間違いありません。

海外では盗難が多いのでカメラも持ち運びには十分注意したいところ。

こちらのリュックは背面にカメラ専用のスパースを設けているので盗難防止にもなり安心して旅行を楽しめます。

サイドから直接アクセスできるジッパー付きなのでストレスなく出し入れすることができます。

付属のレインカバーを使えば急な雨にも対応できるので便利です。

旅行におすすめのおしゃれなカメラリュックをお探しの人におすすめです。

カメラリュックの選び方のポイント

カメラリュックは使用するカメラによって良し悪しが変わってきます。

どんなにハイスペックなカメラリュックでも

  • 使用するカメラが対応していない。
  • 内部でバラバラになって傷ついてしまった。
  • 重量が重たくて背負えない。

など使用するカメラによって使えるか使えないかが大きく分かれてきます。

そのためカメラリュックはネットで購入するとしても必ず店舗に足を運び試着するようにしてください。

下記ではそんな慎重に選ばないとならないカメラリュックの選び方のポイントを紹介しています。

以下のポイントを抑えておくだけで必ず自分に合うカメラリュックを見つけることができます。

それでは早速紹介していくので参考にしてください。

【2気室タイプ】カメラリュックはマストハブ!

 

LoweproBagsさん(@loweprobags)がシェアした投稿 -

2気室構造とはカメラを収納するスペースと普段の荷物を収納するスペースが分かれていることを言います。

なぜ2気室構造が良いのかというと理由は2つあります。

カメラは高額で繊細な機器。ちょっとした衝撃でも簡単に壊れてしまいます

さらにレンズやストロボなどはしっかりとしたスペースに収納しないとすぐに傷がついてしまいます。

日常品と一緒に収納していると少しの衝撃でもカメラに傷がつく恐れがあるのでカメラリュックは必ず2気室になっているモデルでないといけないのです。

もう一つは、登山や旅行用途だと特に瞬時にシャッターを押したい。という場面が多いです。

そんな時他の荷物と一緒に詰めていると折角のシャッターチャンスも逃してしまいます。

2気室構造のカメラリュックだとすぐにカメラを取り出すことができ柔軟に対応してくれます。

カメラリュックを選ぶ時は必ず2気室構造になっているタイプのリュックを選ぶようにしましょう。

使用するカメラにリュックが対応しているか

カメラリュックの選び方のポイントとしては、使用するカメラにリュックが対応しているかどうか確認する必要があります。

初心者の人がよく失敗してしまうこと。それは「使用するカメラが対応していなくて収納できなかった」です。

カメラリュックは全体のサイズや収納スペースの大きさに合わせて収納できるカメラサイズが変わってきます。

「それじゃ大きなカメラリュックを買えば大丈夫」と思うかもしれませんが、サイズの大きいリュックは重量もかなりあり、持ち運びに不便なので気軽に使うことができません。

最近では小型カメラリュックでもレンズ数本や三脚も取り付けられるモデルも増えてきています。

必ず購入する前に対応しているカメラサイズを知るようにしましょう。

内部の仕切りはバラバラにならないほうが良い

 

maya takemotoさん(@mayaphotoooo)がシェアした投稿 -

カメラや機材を収納している分には問題ないんですが、カメラを持ち出し動き回っている時、内部の仕切りがバラバラになってしまうことがよくあります。

折角仕切りを設けているのに意味ないじゃん!てことにならないためにも内部の仕切りがバラバラにならないカメラリュックを選ぶ必要があります。

撥水・防水性に優れていても雨具グッズは必須アイテム!

撥水性・耐久性に優れているからといって決して雨を弾く完全防水ではありません

多少の雨水なら弾くことはできますが、時間が経つと内部に水が浸みてきたり、チャックや縫い目から侵入してくることがよくあります。

タウンユースなら万が一雨が降ったとしても傘を使用すれば問題ないですが、登山用途では大雨になることも多いので撥水・防水性に優れていたとしても雨具グッズは必須アイテムです。

付属で付いているものもあるので購入する前に確認してみましょう。

また、大きなレインコートを使用すればリュックもすっぽり収まってくれるので別でレインカバーを購入する必要はなくなるのでお財布に優しいですよ。

機内に持ち込めると安心できる

カメラリュックは機内に持ち込めるサイズを選ぶと破損や紛失する心配もないので、必ず機内に持ち込めるサイズのカメラリュックを選びましょう。

プロ・初心者問わず、登山用途と同じくらいカメラが多く使用される用途と言えば旅行です。

電車移動の国内旅行はあまり関係ありませんが海外旅行となると話しは別。

飛行機にカメラリュックを預けるのは破損・盗難・紛失などの恐れがあるため絶対に機内に持ち込む必要があります。

航空会社によって機内持ち込みサイズが変わってきますが、必ず機内に持ち込めるサイズ感であることを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
リュックの超定番ブランド人気ランキングTOP20
リュック
超定番ブランド
2018年おすすめ人気リュックブランド50選
2018年
おすすめリュック
まだ知られていないおしゃれブランドまとめ
リュック
おしゃれブランド
ビジネスシーンに合うリュックのおすすめブランドまとめ
ビジネス向け
おすすめリュック
おしゃれな女性に人気のリュック注目ブランドまとめ
女性向け
おすすめリュック